2012/02/28

南阿蘇カントリークラブ 阿蘇の麓の雄大なコース

南阿蘇カントリークラブは、阿蘇の外輪を眺められるとても雄大なコースだ。

コースの設計、監修を担当したのは、お馴染みの戸張捷氏。

深い木立に囲まれたリンクス風のコース。

雄大な景色を見ながらも、戦略性の高いコースである。

【コースデータ】

18ホール

6876ヤード

PAR72

2012/01/11

Wailae Country Club

ソニーオープンの舞台でも有名なコース。

ハワイ オアフ島にあって、ホノルルからそれほど遠くなく、この辺りは高級住宅街のエリアだ。ホノルルからオアフ西側へドライブする場合には、丁度横を通過する。

太平洋に面した、まさにハワイのコースといった感じだ。

ダイヤモンドヘッドの頂上からもこのコース、見ることができる。

【コースデータ】

18ホール

6492ヤード

PAR72

2011/12/07

高知ゴルフ倶楽部

高知県と言えば、日本でも比較的温暖なところ。

もちろん土佐藩と坂本竜馬を連想する方も多いであろう。

この高知ゴルフ倶楽部は、高知の中心部に近く、ちょっと練習場に行ってくるという感覚で行けるところが嬉しい。

東京もあるにはあるが、さすがに新宿から10分で行けるところはないであろう。

【コースデータ】

18ホール

5839ヤード

PAR72

2011/11/10

グレートアイランド倶楽部 

千葉県木更津から近く都内からのアクセスも良い、グレートアイランド倶楽部。

各ホールはプレイヤーレベルに応じてティーグランドの位置、方向に違いの違いで攻め方が変わってくる。

房総に位置しているので、年間を通して温暖な気候にも恵まれているから1年中緑も鮮やかななかでプレーすることは気持ちよいであろう。

ベントグラスのグリーンやホールごとに微妙に違うバンカーの砂など、戦略性に富んでいるコースと言える。

【コースデータ】

18ホール

6404ヤード

PAR72

2011/10/31

太平洋クラブ 御殿場コース

太平洋クラブ 御殿場コースと言えば、三井住友VISA太平洋マスターズの開催コースとして有名で、ご存じの方も多いであろう。

この辺りは富士山の麓に位置していて、雄大な景色を見ながらのプレーが楽しめる。

これまでにも数々の選手がこのコースで見応えあるプレーを見せてきた。美しいコースと裏腹に戦略的に向き合う必要のあるレイアウト。

こうした見た目とそこに潜むコースの戦略的な設計と自然。これらが融合して、プレイヤーの高揚感にも似たゴルフの醍醐味を味わうことができるであろう。

99年度には、アメリカのゴルフダイジェスト誌でも、日本部門で第2位にランクされた経歴を持つ。

【コースデータ】

18ホール

7246ヤード

PAR72

2011/10/11

鷹之台カンツリー倶楽部 日本オープンの舞台

日本オープンの舞台となる鷹之台カンツリー倶楽部。

京成線沿い八千代台の近くにあるコースで都内からはアクセスしやすいところにある。

昭和29年に開園した歴史あるコースだ。

平地であるので、それほどの起伏はないであろうが、ここは2000年以降日本オープンが開催されてきたコースで、それだけの醍醐味が体験できるであろう。

【コースデータ(東コース)】

18ホール

7102ヤード

PAR72

2011/10/04

戸塚カントリー倶楽部 キャノンオープンの舞台

男子ゴルフツアー キャノンオープンの舞台になっているのが、戸塚カントリー倶楽部である。

都心からも比較的アクセスが良いが、もともとは鎌倉街道が谷間を縫うように走る入り組んだ地形で、その後の開発でももとの地形を残した形で作られている。

都会に近いにも関わらず自然を感じられるのが嬉しい。晴れた日には富士山も見られて、雄大な気分でプレイを楽しむことができるであろう。

【コースデータ(東コース)】

18ホール

6373ヤード

PAR72

2011/09/14

札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース ANAオープンの舞台

ANAオープンの舞台である札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース。

新千歳空港と札幌市内の中間部に位置していて、この周辺にはいくつものゴルフコースがあり、ゴルフ銀座みたいなエリアである。

広大な北海道の大地に広がるコースは開放感があるが、戦略性に富んでいて、文化遺産の18コースとまで謳われている。

丁度この時期は涼しさも出てきて、ラウンドには最適の時期。気持ち良くプレイをしたいものである。

【コースデータ】

18ホール

6447ヤード

PAR72

2011/09/02

みずなみカントリー倶楽部 ゴルフ5レディスの舞台

岐阜県瑞浪市にある、みずなみカントリー倶楽部は今週開催されているゴルフ5レディストーナメントの舞台である。

自然との融合をテーマにしていて、自然の起伏を活かしたコース設計になっている。また多くのグリーンは2段グリーンとなっているので、プレイヤーたちはグリーンオンする場合には神経を使わなければならない。

設計は、トーナメントの解説でもお馴染みの川田太三氏。

設計者がゴルフに関して多岐にわたり、活躍されているので、それだけでもコースを攻めていく楽しみが湧くものである。

【コースデータ】

18ホール

6891ヤード

PAR72

2011/08/24

芥屋ゴルフ倶楽部 玄界灘に面する風光明媚なコース

今週の男子ゴルフツアーKBCオーガスタの舞台になるのが、福岡県にある芥屋ゴルフ倶楽部である。

玄界灘を望む風光明媚なコースであるが、当然のことながら海風が強くその対策が必要だ。

福岡中心部からのアクセスも比較的良く、海風を感じながらのプレイも楽しめるであろう。

【コースデータ】

18ホール

7144ヤード

PAR72

«アトランタ・アスレチック・クラブ 2011年全米プロゴルフ選手権の舞台