« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011/07/29

小樽カントリー倶楽部 歴史ある名門コース

今週の男子ゴルフツアー サン・クロレラクラシックの開催地となっているのが、北海道の小樽カントリー倶楽部である。

新コースと旧コースがあって、旧コースのオープンは1928年。まだ戦前で昭和3年であるから、如何にその歴史が古いかがわかる。

石狩湾のすぐ近くで、この辺りは夏場でも涼しく、秋を迎えるころにはかなり寒くなってくる。

今の時期はプレイするのに心地よい時期であろう。

【コースデータ】

18ホール

6536ヤード

PAR72

同クラブのHP

2011/07/24

ザ・ノースカントリーゴルフクラブ

今週開催されている男子ゴルフの舞台になっているのがザ・ノースカントリーゴルフクラブである。

北海道千歳にあって、すぐ近くには札幌の表玄関新千歳空港がある。

北海道の開放的な空間に広がるコース。ここは青木功プロが設計していて、オーガスタの華麗さ、セントアンドリュースのタフさを兼ね備えたコースに、という思いが込められている。

夏でも比較的過ごしやすい同地であるから、今の時期が最もプレイに適しているであろう。気分爽快に北の大地に広がる、名プレイヤー設計のコースを攻略、といきたいものである。

【コースデータ】

18ホール

5983ヤード

PAR72

2011/07/17

東名カントリークラブ 神業な記録が出現

今週の女子トーナメント スタンレーレディスの開催地が、東名カントリークラブである。

富士山の裾野で、雄姿を見ながらプレーすることができる。

今週は、皆さんもご存じの通り、すごい記録が生まれた。

有村選手が、同一ラウンドでアルバトロスとホールインワンを達成するという神業と言っても良いような快挙を成し遂げた。

絶好調というよりもそれを越えてすごいの一言。そもそもプロでもアルバトロスはそうそう出るものでもないし、ホールインワンもまた同様である。

それをわずか同日に達成するのだから恐れ入る。3万年に一度の確率だそうだが、恐らくあは史上初であろう。

そんな大記録が刻まれることになったコースである。

【コースデータ】

18ホール

6500ヤード

PAR72

2011/07/15

ロイヤルセントジョージスゴルフクラブ 2011年全英オープンの舞台

いよいよ今年も全英オープンが開催された。

4大メジャーの中でもイギリスで唯一行われ、野趣溢れるコースが開催地となって風も強イことが多く、独特の雰囲気があると言える。

今年はロイヤルセントジョージスゴルフクラブが舞台となっている。

このコースでは前々回1993年に開かれた時の優勝がグレッグ・ノーマン。スコアは大会最少記録の267(-13)を出している。

今年は一体どんなプレイが行われるのか?楽しみである。

【コースデータ】

18ホール

7211ヤード

PAR70

2011/07/12

富士桜カントリークラブ 富士山を眺める雄大なコース

ゴルフの醍醐味の一つに周辺の雄大な景色や、自然を愛でることがあると思う。

日常都会で生活する者にとって、こうした非日常の空間や時間はかけがえないものになるものだ。

とりわけ、日本人にとっての富士山という存在は、特別なものがあり、心のよりどころというと少々大袈裟であるが、いつ見ても雄大でいいな、と感じてしまう。

今回の富士桜コースは、その富士山の麓にあり、その姿を存分に堪能できる。標高1000mにあって、河口湖の近く。夏のプレイは快適であろう。

ここではフジサンケイクラシックが2005年より開催されるようになり、ご存じの方も多いであろう。

プロでも攻めるのが大変なタフなコース。世界標準を目指してコースを運営しているようだ。

【コースデータ】

18ホール

6185ヤード

PAR72

2011/07/08

ブロードモア G.C. 標高1900Mにあるコース

今週開催されている全米女子オープンの舞台になっているのが、アメリカ コロラドスプリングスにあるブロードモアG.C.である。

標高2000メートル近くに位置していて、ロッキー山脈の麓にあるリゾート地として有名である。風光明媚な景色、というより雄大なロッキーを見られるのは最高であろう。

ただし、標高がかなり高いのでどうしても飛距離が平地に比べると遠くになってしまい、そのコントロールをしないといけないであろう。

また今回のコースは全米女子オープン史上最長のコースだそうである。

【コースデータ】

18ホール

7047ヤード

PAR71

2011/07/06

名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース 日本屈指の難コース

これまで数々のプロ大会の舞台となってきたのが、名古屋ゴルフ倶楽部の和合コース。

特に中日クラウンズの会場となっていることで有名だ。昨年は石川遼選手が12個もバーディーを奪い、最少ストロークの記録を出したことも記憶に新しいところである。

また、今年は秋に日本女子オープンゴルフの開催が決まっている。

川奈ゴルフコースと同じ設計者によるもので、グリーンがコンパクトで速く、風に悩まされるという特徴がある。

特に17番ショートホールは、池越えの名物ホールで、しばしば強い風でコントロールが効かなく難しい。

【コースデータ】

18ホール

6213ヤード

PAR70

2011/07/03

八尾カントリークラブ 富山

今週の女子ツアーの開催地でもある富山の八尾カントリークラブ。

立山連峰も望めるところにあって、なかなか風光明媚なコースである。海側の景色の良いところもいいのだが、やはり山を望める場所は格別である。富山市内や氷見など県内各所から立山連峰を見ることができるが、ゴルフをプレイしながら、雄大な山々を拝めるのはまたこうした立地における醍醐味と言えよう。

比較的フラットでありながら、自然を生かしたコース設計になっていて、プレイも存分に楽しめるであろう。

【コース概要】

18ホール

6464ヤード

PAR72

2011/07/01

JFE瀬戸内海GC ミズノオープンも開催

先週のミズノオープンの開催地であるのが、JFE瀬戸内海GCである。

これまでにもこのゴルフコースで開催をされてきた。

瀬戸内海沿いに位置しており、コース全体はフラットであるが、コブが点在するために正確なショットが求められる。

本格的なリンクスコースである。

瀬戸内海を見渡しながらのプレイということにはならないようであるが、これだけプロゴルフ大会が開催されてきているので名門と言えるであろう。まだオープンしてから20年ほどと比較的新しいコースになるであろうが、全英オープンの前哨戦であるミズノオープンが何度も開催されている。

【コース概要】

18ホール

6904ヤード

PAR72

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »