海外

2012/01/11

Wailae Country Club

ソニーオープンの舞台でも有名なコース。

ハワイ オアフ島にあって、ホノルルからそれほど遠くなく、この辺りは高級住宅街のエリアだ。ホノルルからオアフ西側へドライブする場合には、丁度横を通過する。

太平洋に面した、まさにハワイのコースといった感じだ。

ダイヤモンドヘッドの頂上からもこのコース、見ることができる。

【コースデータ】

18ホール

6492ヤード

PAR72

2011/07/15

ロイヤルセントジョージスゴルフクラブ 2011年全英オープンの舞台

いよいよ今年も全英オープンが開催された。

4大メジャーの中でもイギリスで唯一行われ、野趣溢れるコースが開催地となって風も強イことが多く、独特の雰囲気があると言える。

今年はロイヤルセントジョージスゴルフクラブが舞台となっている。

このコースでは前々回1993年に開かれた時の優勝がグレッグ・ノーマン。スコアは大会最少記録の267(-13)を出している。

今年は一体どんなプレイが行われるのか?楽しみである。

【コースデータ】

18ホール

7211ヤード

PAR70

2011/07/08

ブロードモア G.C. 標高1900Mにあるコース

今週開催されている全米女子オープンの舞台になっているのが、アメリカ コロラドスプリングスにあるブロードモアG.C.である。

標高2000メートル近くに位置していて、ロッキー山脈の麓にあるリゾート地として有名である。風光明媚な景色、というより雄大なロッキーを見られるのは最高であろう。

ただし、標高がかなり高いのでどうしても飛距離が平地に比べると遠くになってしまい、そのコントロールをしないといけないであろう。

また今回のコースは全米女子オープン史上最長のコースだそうである。

【コースデータ】

18ホール

7047ヤード

PAR71

2011/06/22

コングレッショナルカントリークラブ 2011年全米オープンの舞台

今年の全米オープンの舞台になったのが、メリーランド州にあるコングレッショナルカントリークラブである。1997年のUSオープン以来14年ぶりの開催である。

軒並みロースコアが出て、大会途中にはコースが優しすぎるのではないか?といった声も上がるくらいで、優勝ストロークも歴代最少の-16。

そんなコースも1920年代に開設され、これまでもいくつかのトーナメントが開催されてきた由緒あるところなのである。

その名からも連想されるようにもとは議員や経済界の人間の社交場として位置づけられたようで、場所もワシントンD.C.からほど近い。郊外型のコースといった趣であろう。

アメリカのゴルフコースというと例えばぺブルビーチのような自然と一体感のあるもの、同様にパームスプリングスのような乾いた大地のオアシス的存在というのを連想してしまうが、今回のようなコースも多い。

【コース概要】

18ホール

7574ヤード

PAR71

その他のカテゴリー